2012年8月12日日曜日

adidas


今朝方ぼんやりとネットを巡回しているとVHSmagという
スケートボードウェブマガジンに興味深い記事を発見。
http://www.vhsmag.com/yo-chui/a-d-i-d-a-s/

多分nike sb(skate boardの略)の成功がいまの源流じゃ無いかなと思います。
ただ,かつてnikeはジャッカスで有名なBam Margeraのスポンサーだったり,
今から約10年ほど前,adidasとconverseはスケートチームを作り
力を入れていた時期がありました。
リンク先にあるmatt beachの411videomag profileには
当時のadidasチームの面々が写っています。
(Gonz,Lance Mountain, Paulo Diaz, Quim Cardona, Matt Beach,
そしてJahmal Williams(記事右下))

プロモデルを履いてbackside-tailやっているQuimの写真や,
サンフランシスコのスケーターはftcで50ドルのsuper starを買い,
embやpiar7というスケートスポットへスケートしに行く,という雑誌の記事から
影響を受け高校生だった頃の僕もsuperstarでスケートボードをしたりもしました。
(記事左下のJoey Bastの映像はREALの名作Nonfictionのものですが,
Drake Jonesも同じビデオ内で履いてたりします)

プロのスケーターになればスポンサーが替わるごとに履く靴もまた替わる
というのは当たり前ですが,Richard Angelides(記事右上)って
superstar以外を履いている映像を見たことがありません。
加えて今も昔もスポンサードされて無いんですよね。(多分)
記事にもあるように愛情,という言葉もなるほどと思えるのですが,
和田英一先生のHHKに関する談話のこの言葉が最も個人的にはしっくり来ます。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。 いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。


体から最も近い位置にある道具が常に同じもの,というのは格好いいです。

2012年7月30日月曜日

Event finished


今回の販売物であった Devil Girl をお買いあげ頂きました方,
また足を運んでいただきました方々,ありがとうございました。

おかげさまで Devil Girl 完売しました。
3000円という金額が安いという意見も頂きましたが,
2000円から3000円の差より,3000円から4000円の差は大きく,
あまりリアル系のフィギュアを普段手に取られない方にも手を出しやすい,
この金額に設定したことはよかったかな,と思います。

でも会場を回っていると,「えっこの値段で!」っていうものも多く,
難しいとこですね。

Devil Girl は今のところ再販を予定しております。

また今回展示を目ざしていたものは残念ながら間に合いませんでので
次回販売を目標にしたいと思います。

2012年7月28日土曜日

Wonder Festival


今週末(29日) ,幕張メッセで行われるワンダーフェスティバルに参加します。
今回は珍しく販売物がありますのでよろしくお願いします。

Devil Girl - 3000円 (販売数 : 8)
H:130mm ベース込み

卓番号 6-15-01 THUNDERROAD STYLE
(サンダーロードスタイル笠井さん,グレイクレイ真辺さんと共同のブースです)


大人の成長した角をイメージして髪の毛を結って背伸びしている様子を作ってみました。
つまり自分の中では10代後半から20代前半という設定なのです。
そう見えないかな,と思っていましたが河合奈保子のグラビアを見て間違っていないとも。

彩色見本は用意できないと思います。ご了承ください。

2012年6月27日水曜日

Next WF


Wonder Festivalでの情報告知用としてここを用意したわけですが
こう何も書かないのでは意味がありませんね。
年に2回の目的をつなぐ意味で,関心事を書いていこうと考えています。

まだ複製をはじめてはいませんが
devil girl - 3000円
の内容で出展/販売予定です。

製作途中のものは何点かあるのですが完成はまだ先となりそうです。
後日画像などの情報を追加し改めて告知します。

2012年2月11日土曜日